BLOG

ブログ

小さいころから「言葉」が大好きな子供でした。
国語だけは安定して成績が良かったです。それこそ「好きこそものの上手なれ」でしょうか。

日本語のことわざや慣用句、四字熟語も大好きで国語便覧が愛読書でした(笑)。

日本語は響きが素晴らしい。

とくに名言と呼ばれるものは自然に韻を踏んでいたりしますが、内容的にも含蓄に富んでいて、昔の方は言語能力に長けていてなおかつ知恵もあったのだなと。

とにかく、私は日本語が好きです。


タイトルの「持ちつ持たれつ」も美しいなと感じる日本語の一つです。

意味は英語の「Give and take」に似ていますが、「Give and take」がガチっと(あるなしに関わらず)”利害”というものの存在を示し、また時間的にも短期間というかややもすれば1回限り的なニュアンスがあるのに対し、「持ちつ持たれつ」は関係性のゆるさや継続性や時間的な広がりを感じます。
(考えすぎでしょうか・・・(^-^;)

言葉の柔らかさにも日本人の優しい国民性を感じます。
「お互い様」だから気にしないでね、みたいな。

美しい日本語をうまく生活の中に取り入れて、よりよく生きてゆきたいですね!

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA